Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

【在宅ワーク中のオーラルケア実態調査 】
生活充実度との相関関係

2021/4/9 歯科NEWS

新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅ワークの時間が増えた20代から40代の女性600名を対象に『在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査』を行いました。

この調査は唾液検査用装置を製造販売しているアークグレイ株式会社が中心となって進めています。

※本調査結果や分析をご掲載の際は『シルハ調べ』

今回はその調査結果についてまとめました。

在宅ワークが増えた女性の6割が美容・健康に関する意識が向上

【参考】【在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査 】オーラルケア意識が高い女性は、生活充実度も高いことが判明。低い女性と比べ、20ポイント以上も高い結果に。-PRTIMES 『シルハ』は在宅ワークの時間が増えた女性に対し、美容と健康意識についてアンケートを取りました。 その結果、「とても意識が上がった」「やや意識が上がった」という女性が60%近くに上り、非常に多くの女性が美容・健康に関する意識が高まったことがわかります。 その理由としては「運動不足」が55%と最も多く、「食生活の変化」や「感染予防によってセルフケアの意識が高まった」「自分の顔を見る機会が増えた」などです。 コロナウイルスという非日常的な事態によって在宅で自分と向き合う時間が増えた女性は、改めて自分自身の健康や美容について見つめ直すきっかけになったことがうかがえます。

在宅ワークで女性のオーラルケア意識が上がった

【参考】【在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査 】オーラルケア意識が高い女性は、生活充実度も高いことが判明。低い女性と比べ、20ポイント以上も高い結果に。-PRTIMES ▼「あなたは在宅ワーク期間中に、オーラルケアに関する意識は高まりましたか?」の回答結果 「とても高くなった(9.8%)」 「やや高くなった(30.8%)」 在宅ワークで働く女性の5人に2人が『オーラルケアへの意識が上がった』ことがわかりました。 ▼「在宅ワーク期間中、オーラルケアへの意識が「高まった」理由は?(年齢別)」の回答結果 20代女性1位は「食生活が変化したから(38.4%)」 40代女性1位は「感染症予防のためにケアをしようと考えたから(56.2%)」 食生活の変化や感染予防の目的を挙げている女性が多い結果になりました。 また、年齢別に見ると40代女性は20代女性と比べて感染予防を目的としたオーラルケアを考える人は40%近く差があり、年齢によっても意識の違いが明らかです。
【参考】【在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査 】オーラルケア意識が高い女性は、生活充実度も高いことが判明。低い女性と比べ、20ポイント以上も高い結果に。-PRTIMES

管理職女性はオーラルケアに関する意識が特に高い

【参考】【在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査 】オーラルケア意識が高い女性は、生活充実度も高いことが判明。低い女性と比べ、20ポイント以上も高い結果に。-PRTIMES オーラルケアへの意識が高まった理由について、「ビデオ会議で自分の顔を見る機会が増えたから」と回答した管理職の女性は一般職の女性に対して、 約2倍多い結果となりました。 ▼「ビデオ会議中に、自分のカメラ映りで最も気を付けている/気になるところはどこですか?」の回答結果(役職別) 管理職女性:『口元・歯並び(30.2%)』 一般社員・リーダー:『肌荒れ(24.0%)』、『ヘアスタイル(21.8%)』 役職ごとに自分の顔のパーツを気にする箇所が変わってくることがわかり、さらに口元や歯並びを気にしている女性ほど管理職の割合が多いことが分かります。

オーラルケアと生活充実度の関係性

【参考】【在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査 】オーラルケア意識が高い女性は、生活充実度も高いことが判明。低い女性と比べ、20ポイント以上も高い結果に。-PRTIMES オーラルケアへの意識が「高まった」と回答した女性に対して、『在宅ワーク導入後、現在の生活の充実度』について尋ねました。 ▼『在宅ワーク導入後、現在の生活の充実度について』の回答結果 「とても充実している(16.0%)」 「やや充実している(47.1%)」 結果からオーラルケアに関する意識が高い女性のうち約60%が生活の充実感を感じていることがうかがえます。 一方で、オーラルケアに関する意識が「低くなった」と回答した女性に対して、『在宅ワーク導入後、現在の生活の充実度』について尋ねました。 ▼『在宅ワーク導入後、現在の生活の充実度について』の回答結果 「とても充実している(15.2%)」 「やや充実している(24.2%)」 結果からオーラルケアに関する意識が低い女性は生活の充実度が低いことがうかがえます。 両方の調査結果から、オーラルケアに関する意識が「高まった」人は、「低まった」人より20%以上も在宅ワーク生活の充実感を感じていることがわかりました。

オーラルケアの意識が高い人は専門家のアドバイスを参考にしていた

【参考】【在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査 】オーラルケア意識が高い女性は、生活充実度も高いことが判明。低い女性と比べ、20ポイント以上も高い結果に。-PRTIMES オーラルケアに関する意識が高まった女性に対して、『あなたは健康を維持するために、一般人の意見ではなく、 専門家からの意見を得ることを意識していますか?』と尋ねたところ、約7割の女性が専門家の意見を重視していることがわかりました。 オーラルケアに関する意識が高まった人は専門家の意見を参考にしつつ、自分の生活にオーラルケアに関する取り組みを取り入れています。診察の際は、患者さんにオーラルケアについて話すように心がけましょう。

まとめ

今回は女性のオーラルケアに関するアンケート結果についてまとめました。 コロナウイルスの感染拡大によって在宅勤務が増えた女性は、オーラルケアへの意識が高まっていることがわかります。 また、シルハのアンケート調査によると、オーラルケアに関する意識が高まった人は管理職などの特別な役職を有している割合が多く、生活が充実している人が多いことがアンケートの分析から明らかになりました。 さらに、そういった女性は歯科医師や歯科衛生士などの専門家の意見を参考にしているため、オーラルケアの意識向上のために患者さんにオーラルケアの重要性について話すようにしてください。
【参考】「【在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査 】オーラルケア意識が高い女性は、生活充実度も高いことが判明。低い女性と比べ、20ポイント以上も高い結果に。