Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

歯科医院の求人方法は?採用までの流れやポイントを大公開

2019/9/27 歯科医院経営

「いくら歯科医院のスタッフ募集の求人を出しても、求めている人材を思うように集めることができない…」と頭を悩ませている歯科医院も多いのではないでしょうか。
スタッフの確保は歯科医院の経営面に影響します。
優秀な人材を集めるためにはどんな方法があるのでしょうか。
この記事では、歯科医院スタッフの求人方法や、押さえておくべきポイントを紹介します。

1.歯科医院スタッフ募集の背景

歯科医院には、歯科医師をはじめ歯科衛生士や歯科助手など複数の職種のスタッフが働いています。 新しく歯科医院を開設する場合やすでに働いているスタッフが何らかの理由でやめた場合、患者さんの増加に伴いスタッフを増員する場合には、新たなスタッフを探す必要があります。 求人の難しさや離職率の高さにより、歯科医院の多くは常に人材確保の問題に直面しているといえるでしょう。

1-1.求人の難しさ

新しくスタッフを採用する場合には、何らかの方法で人材を求める必要があります。 しかし同じようにスタッフを募集している歯科医院の数が多いため、他と比べて高い給与を提示したり、福利厚生を手厚くするなど明確な差別化を図らなければ人材獲得は難しい傾向があります。 また自分の歯科医院の魅力を上手にアピールできないことが原因となり、多くの歯科医院は欲しい人材を思うように採用できていない現状があります。

1-2.離職率の高さ

歯科医院で働く歯科衛生士や歯科助手の多くは女性です。 そのため結婚や出産などで離職するケースが多く、継続的な雇用が難しい現状があります。 平成27年の歯科衛生士の実態調査では全体の75%近くが過去に離職した経験を持っているデータがあります。 (公益社団法人 歯科衛生士会調べ) 歯科医院はその度に新たなスタッフを見つける必要があるのです。

2.歯科スタッフの求人方法

歯科スタッフの求人から採用までは、以下のような流れになります。 ①広告やホームページの準備 ②求職者からの連絡 ③面接日の調整 ④面接実施 ⑤採用・不採用の連絡 まず求人広告やホームページ、求人サイトなどを見て興味を抱いた方が、電話やメールで歯科医院へ連絡してきます。 問い合わせには迅速に回答して、面接希望者がいれば早急に面接の日程を提示しましょう。 面接の際は相手の人となりを見極めながら、歯科医院の魅力や働きやすさ、条件面など漏れなく伝えるよう心がけましょう。 面接後は迅速に採否の報告を行います。 採用者には初出勤までの流れを伝え、仕事に対する不安を取り除くよう配慮することが大切です。 ①のように、求人の方法はいくつもありますが、多くの歯科医院はどの求人方法が効果的なのかわからず、中には求人を外部の業者に任せているところもあります。 歯科医院のスタッフの求人方法にはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは具体的な求人方法を4つ紹介します。

2-1.ホームページ

歯科医院のホームページの中に求人ページを用意し、その中でスタッフの求人を行う方法です。 アクセス数が多いホームページであれば求人の効果が期待できるため、広告費を抑えて募集ができるでしょう。 ただし、アクセス数が少ないホームページの場合は、あまり効果を期待できないため、ブランディングが得意な医院に向いている求人方法と言えます。

2-2.求人媒体

求人媒体を利用してスタッフを集める方法があります。 新聞や地域のコミュニティ雑誌、求人雑誌といった紙媒体への掲載と、求人募集検索サイトなどのインターネット媒体への掲載の2パターンあります。 インターネット媒体である求人サイトの中には、ジョブメドレーやグッピーなど医療関連に特化したサイトがあり、多くの歯科医院が利用しています。

2-3.採用サイト

歯科医院のホームページとは別に、採用に特化したサイトを制作して人材募集を行う方法があります。 採用に特化したページを制作することで人材を集める効果が高くなる反面、すでに歯科医院のホームページを運営している場合には、別途新しくページを制作する手間や費用がかかります。 しかし歯科医院側としては、採用効果の高いサイトを運営することで広告費を削減できるため、結果的に採用に特化したサイトの制作はコストパフォーマンスに優れるという点でメリットとなります。

2-4.紹介(リファラル採用)

歯科医院同士の人脈や、在籍スタッフの知人や友人の紹介を利用して優秀な人材を紹介してもらう求人方法(リファラル採用)も効果的です。 売り手市場の中、一般企業でも注目されている採用方法です。 事前に人間性やスキル、適性などを把握できるため、優秀な人材を効率的に採用できる点やミスマッチによる離職を防げる点がメリットです。 反面、人脈の広さは人によって多少ばらつきがあり、必ずしも必要な時期に求めている人材を獲得できるとは言い切れないデメリットがあります。 また、紹介者と被紹介者の関係にも注意する必要があります。

3.歯科スタッフ求人のポイント

せっかく時間やお金をかけて求人の募集を行ったものの、求めている人材の応募がこなければ必要とするスタッフを揃えることができません。 人材不足は、治療に支障をきたすだけでなく歯科医院の経営に大きな悪影響を与えることとなるので迅速に対処する必要があります。 スタッフに欠員が出そうであれば、できるだけ早く必要な人材を集めることを心がけましょう。 ここでは、求人時に意識しておくべきポイントを紹介します。

3-1.ペルソナの設定

紙媒体・インターネット媒体いずれの場合でも、求人の広告やサイトを製作する場合には、「ペルソナ」を設定することが効果的です。 ペルソナとはマーケティング用語のひとつであり、その記事や広告を読んでもらいたい人物モデルを指しています。 ペルソナがブレていると、適切な求人を打つことができません。 歯科医院のスタッフを募集するのであれば、年齢や性別、住んでいる場所や家族構成など具体的なモデルを設定し、その人に向けた内容のコンテンツを作成することを心がけましょう。

3-2.職種ごとの訴求

歯科医院の求人広告や求人サイトを制作する際は、募集する職種ごとに分けることが重要です。 すべての職種をまとめてコンテンツを制作すると、内容自体が曖昧でぼやけてしまい読み手に伝わりにくくなります。 歯科衛生士を募集しているのであれば歯科衛生士に特化したコンテンツを作り、歯科助手を募集するのであれば歯科助手に特化したコンテンツを作るように心がけましょう。 募集する職種を明確に分け、各職種の仕事範囲や求める人物像を明確にしておく必要があります。

3-3.募集の時期・頻度

歯科医院のスタッフを募集する際は、募集する時期や募集を出す頻度にも配慮する必要があります。 求人募集は、やめそうなスタッフの存在を確認した時点で出すようにしましょう。 早い段階で意思確認を行い、新しいスタッフの募集を迅速に行う必要があります。 スタッフがやめてから募集を出した場合、思うように人材が見つからなければ業務に支障をきたすため、注意しなければなりません。 また、求人を出す頻度ですが、求人募集はたった1回行ったところであまり効果が見込めないため注意が必要です。 歯科医院での仕事を探している求職者とスタッフを募集している歯科医院側のタイミングが合わなければうまく採用できません。 そのため、スタッフの募集は継続的に行う必要があります。 求人広告を出すには、思ったより費用がかかります。求人広告と自社サイトでの募集など、複数の求人方法をバランスよく活用し、募集の頻度を高めることが効果的です。

3-4.内容の差別化・簡易化

スタッフの求人募集をしている歯科医院の多くは、スタッフの待遇や職場環境、働きやすさなどに重きをおいてコンテンツを制作しています。 しかし、勤務条件などは、実際のところどの歯科医院もさほど大差はありません。 条件面以外のどこかで独自性を出して差別化を図ることが重要なポイントとなります。 歯科医院の経営理念や治療方針、院長の想いなどを募集内容に盛り込むなど工夫を凝らし、ほかの歯科医院との差別化を図ることで、自社にあった人材の採用に結びつく可能性が高くなるでしょう。 ただし、必要以上に長すぎる文章やあれもこれも詰め込みすぎている内容であれば、読み手は負担を感じて最後まで読んでもらえない可能性があるため注意が必要です。 募集する側としては病院の魅力や働きやすさ、条件の良さなどを盛り込みできるだけ読み手に興味を持ってもらいたいと思うものですが、求職者が読みやすくわかりやすい内容になるように意識することが大切です。 コンテンツ制作後は在籍スタッフに読んでもらうなど、ブラッシュアップするようにしてみてください。

5.まとめ

安定した歯科医院を経営するためには、優秀な人材を確保することがとても大切です。 求めている人材を思うように集めることができず頭を悩ませている歯科医院の院長も多くおられるでしょう。 今回の記事を参考にして、さまざまな手段を講じてスタッフを集める仕掛けを用意してみてください。