Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

【前編】理想の歯科医院の院長とは?
男性歯科医師が求めることは何か

2021/9/7 歯科医院経営

就職先に歯科医院を選ぶ際に、院長がどのような人であるかは重要です。
また、自身が独立する際にこういう院長を目指したいという思いもあると思います。

今回は、理想の院長をテーマに歯科医院に勤務する男性歯科医師にインタビューし、
院長に対してどういったことを求めているのかについて迫ります。

就職先を選ぶうえでの院長の要素

インタビュアー 本日は御多忙の中、インタビューをお受けいただき誠にありがとうございます。 現在、歯科医院にお勤めされていると思いますが、就職先を選ぶ際に、大切にしている歯科医院の院長の印象はどういったものか教えていただけますでしょうか? 男性歯科医師 ポジティブで、患者さんや歯科医院に勤めているスタッフに良い影響を与えれる先生が院長として経営されている歯科医院を選びました。 インタビュアー ポジティブな院長だと、歯科医院はどう変わるのでしょうか?『良い影響を与える』という部分についても詳しくお聞かせいただけますでしょうか? 男性歯科医師 患者さんの治療にあたって、前向きな思考の方が治療も上手くいくうえに、院内の雰囲気もよくなります。 また、向上心のあるスタッフに新しい仕事を任せたり、院長が教育したりして、スタッフ全員が成長できるような環境作りが理想だと思います。 インタビュアー 院長によって社員の教育制度や院内の雰囲気が変わるとお聞きします。 こういう院長だと嬉しいと思うことが他に何かありますでしょうか? 男性歯科医師 ミスをカバー出来る能力があるかどうかが歯科医院を守っていくうえで、院長に必要な要素だと思っています。 歯科医師や歯科衛生士など歯科医院で働くスタッフがミスをした時に、カバーすることは院長の責任です。 『いかに細かいところまで気を配って見ているか』というポイントが欠かせないと思います。 インタビュアー (前向き思考で、気配りができる方の下で働きたいという意見が聞けました。また、歯科医院の雰囲気は院長によって変わることも現場の意見として聞けました。)

院長が同性である魅力

インタビュアー 勤務先の歯科医院を選ぶうえで、男性の先生からみて、院長は女性と男性だと性別はどちらが好ましいでしょうか? 男性歯科医師 自分が働く先の院長は男性の方がいいと思います。 同性の院長の方が話しやすいことも理由としてあるとは思いますが、業界的に女性が多いため、女性の院長だと院内で些細なことで揉め事が生じる可能性が高いと思っています。 歯科医院は限られた人数しか働いていないので、雰囲気が悪くならないようにしたいです。 インタビュアー (歯科衛生士の方も含めると従業員は女性の方が多い歯科医院が多いと思われます。女性が多いからといって揉め事が多いとは限りませんが、院内の雰囲気を大切にしたいということを重視して歯科医院を選んでいました。) 男性の院長だと話しやすいことも多いと思います。 現在の勤め先の院長と『待遇や悩み』について、話す機会がありますか? 男性歯科医師 毎日、朝から晩まで話しています。 まだまだ経験が浅いため、今は経験を積ませていただきたいと考えていますが、向上心が高い分、自分の手技や将来について悩むことも多いです。 話しやすい環境を作っていただいている院長には感謝しています。 インタビュアー (経験値が低い分、将来自分が進みたい方向性に悩むことが多いと思います。その中で、朝から晩まで話せる環境があるということに感謝しておられました)

院長に気をつけてほしい要素

インタビュアー 院長と親しくされている先生には、お答えしにくいことかと思いますが、院長にあえて苦言を呈するなら、どんなことがありますでしょうか? 男性歯科医師 『時間』を気にして欲しいと思います。 一人一人に丁寧な治療を行われることはいいことだと思いますが、その結果、患者さんを待たせてしまうことが多いことです。 患者さんを長時間待たせてしまうと疲労がたまってしまいます。 極力、患者さんの待ち時間を減らしていきたいです。 インタビュアー (患者さんが歯科医院を選ぶ際に、『待ち時間』も選ぶ要素としてあります。患者さんファーストである先生であるからこそ、患者さんの対応に時間をかけすぎてしまうことをあげていただきました) お答えしにくい質問にもお答えいただきありがとうございました。 今回のインタビューは前編・後編に分けて実施させていただいております。 前編の最後のご質問として、普段、院長に気にしてほしいポイントについてお聞かせいただけますでしょうか? 男性歯科医師 『見た目』です。歯科医師は清潔感が大切だと思います。 患者さんの口腔内を触るので、清潔感がない先生の治療は受けたくないと思われてしまいます。『見た目』は、自分も気をつけている部分です。 インタビュアー (患者さんが歯科医院に求める要素として、『時間』『清潔感』をあげていただきました。 患者さんを増やすためには、あげていただいた要素は意識しなければならない要素だと思います。男性歯科医師として、院長に求めることについても詳しくお聞きできました。)

まとめ

『【前編】理想の歯科医院の院長とは?男性歯科医師が求めることは何か』では、 就職先を選ぶうえでの院長の要素、同性の院長であることのメリットや院長に気をつけてほしいことについて語っていただきました。 今回インタビューさせていただいた男性歯科医師の先生は、患者さんの目線からみて院長に求めることとして『時間』『清潔感』をあげていただいたことが印象的でした。 次回、『【後編】理想の歯科医院の院長とは?男性歯科医師が求めることは何か』では、『歯科経営のリアル』や男性歯科医師の思う『理想の院長』について語っていただきます。