Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

今だからこその感染管理 第5回
医療用具の適切な取り扱い方について その3

2018/11/9 デンタル〇〇デザイン

前回は、汚染された医療用具からいかに効率よく汚染物を剥ぎ取るかについてお伝えしました。

タンパク質分解酵素や界面活性剤を用いて汚染物を化学的に分解し、そこにスポンジや歯ブラシなどで物理的に擦る力を加えれば確実に除染することができます。

その際に注意したいのは、どこで擦り洗いをするかということです。

消毒コーナーの流し周りを可能な限り汚染しないように、擦り洗いをする際には、必ず洗剤に浸漬した容器の中で洗います。

つまり「液中(エキナカ)」です。

洗浄対象物を液中から取り出して擦ってしまうと、必ず飛沫(しぶき)が発生して流しの周囲を汚染してしまいます。

これを防ぐためにも、また落下による器材損傷を予防するためにも洗剤溶液の容器の中でブラッシングするようにします。


洗剤を使用して洗浄した後は、今度はその残留を防止するために十分にすすぐ必要があります。

洗剤成分とはいえ、医療用具に残留して患者さんの口腔内に持ち込まれることがあってはなりません。

大学病院の中央材料部ではRO膜(Reverse Osmosis膜)を通して、さまざまな不純物を取り除いた水を使いますが、RO水生成装置が必要になります。

流水ですすぐ際にも飛沫発生を最小限に抑えるように、蛇口からの出水量を少なくして、飛び散らないように注意します。


すすぎの後は十分に乾燥します。

乾燥不良の状態で包装したり滅菌したりということを行うと、水滴が被滅菌物の表面に付着していて滅菌不良につながってしまう危険性があります。

「オートクレーブの中は蒸気が充満するんだから、多少、濡れていても問題ないでしょ」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、「蒸気」と「水」が全く別物だということを理解して初めて、高圧蒸気滅菌法という滅菌方法を使いこなせるようになるのです。


高圧蒸気滅菌法で使用する滅菌材(滅菌に必要な材料で、ガス滅菌では酸化エチレンガス、プラズマ滅菌では過酸化水素)は、私たちが引用する水と同じH2Oであり、他の滅菌材と比較して安全性が担保されています。

H2Oは固体で「氷」、液体で「水」、気体で「蒸気」となり、滅菌で用いるのは気体である蒸気です。

被滅菌物の表面に液体である水が残留していると、気体である蒸気が接触することができません。

すなわち滅菌不良の危険性が出てきます。

すすいだ後はタオルやペーパータオルを用いて乾燥してエアブロー仕上げをお勧めします。


次回は滅菌のための包装についてお伝えします。