TOP>医院経営>教えて 大橋先生の人事講座:
VOL3 スタッフが成長し
定着する人事制度のつくりかた

医院経営

教えて 大橋先生の人事講座:
VOL3 スタッフが成長し
定着する人事制度のつくりかた

教えて 大橋先生の人事講座:<br>VOL3 スタッフが成長し<br>定着する人事制度のつくりかた
教えて 大橋先生の人事講座:
VOL3 スタッフが成長し
定着する人事制度のつくりかた

教えて 大橋先生の人事講座
VOL3 スタッフが成長し定着する人事制度のつくりかた

人事制度をつくるといっても、何から始めたらよいか分からない方も多いと思います。しかし、人事制度は、単にクラウド人事評価システムを導入するだけ、他のクリニックがつくっているものをそのまま転用するだけ、ではなかなか成果にはつながりにくいといえます。なぜなら、クリニックによって、経営理念や組織風土、人材に対する考え方が異なるからです。クリニックや先生の考え方や医院に合わない人事制度を設計しても、運用はうまくいかないでしょう。 とはいえ、クリニックや先生の考え方だけを人事制度の設計に反映させれば良いかというと、それもまた違うといえます。では、どんな情報をもとに人事制度をつくると、運用がうまくいくのでしょうか?実は、そのヒントは現場のスタッフが知っています。 人事制度には「等級制度」「評価制度」「賃金制度」の3つがありますが、これらをつくるときに、スタッフから情報を聞き、職場の課題をしっかり把握しているかそうでないかで、決定的な差が出ます。 そこで、今回の動画では、人事制度をつくるうえでスタッフから確認しておきたい情報、人事制度の内容、そして人事制度をつくるうえでのポイントについて解説させていただきました。 今回の主な内容: 人事コンサルタントの大橋高広先生に、今回は『スタッフが成長し定着する人事制度のつくりかた』ということをテーマに分かりやすく解説頂いています。
◆大橋先生のモリタ友の会 一般会員様限定動画は下記よりログイン後、閲覧が可能です。 こちらでは上記の動画の完全版をご視聴頂けます。
【動画の内容】 ・職場の現状を把握する ・等級制度をつくる ・人事評価制度をつくる ・賃金制度をつくる 書籍のご紹介: 人事部のつくりかた バカはブラック企業に入りなさい リーダーシップがなくてもできる 「職場の問題」30の解決法 【関連 動画コンテンツリンク】 VOL1 なぜ「人事」に取り組む必要があるのか VOL2 人事に取り組む5つのメリット VOL3 スタッフが成長し定着する人事制度のつくりかた VOL4 組織が成長するためにやるべきこと VOL5 なぜスタッフの本音を聞き出せないのか VOL6 職場の問題を聞き出す面談術 VOL7 職場の問題を改善する方法

著者大橋高広

株式会社NCコンサルティング
代表取締役社長

1982年生まれ。 大阪府出身。 人事評価制度、管理職育成、職場改善の専門家。 大阪商工会議所人事労務サポート推進パートナー、八尾市や守口市、門真市、和泉市などの商工会議所専門相談員。 同志社大学を卒業後、大手通信系企業にて歓楽街での飛び込み営業を経て、経済団体に入職し中小企業の経営支援に従事する。 その際、橋下徹氏による府政改革を経験。 その後、中堅製造業で総務経理を担当する傍ら、父から息子への事業承継を推進。 2015年、NCコンサルティングを設立。

大橋高広公式リンク集(ホームページ・SNSなど)
https://lit.link/ohashitaka

大橋高広

tags

関連記事