Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

<第4回>
若林歯科医院で行われる
全顎的診査「歯科ドック」とは?③

2019/4/22 臨床ライブラリ

~カウンセリングがなぜ大切なのか~

診療の基本的な流れとしては、初診で来られたら問診で第2回目にお話ししたテーマなどを患者さんに説明して「歯科ドック」へと誘導します。 「歯科ドック」の後、検査結果をもとに後日カウンセリングを行います。そしてこのカウンセリングがとても大切です。ここをきちんとやることで患者さんが自分の病態を理解し、本気になって治す気持ちになってくれるからです。 検査の結果、深いポケットがあって歯周病になっている場合、最初に何をするか。当院では、まずブラッシング、スケーリング、ルートプレーニングなどの歯周基本治療を行います。(さらにこの基本治療を何回か繰り返して行います。)その後、再評価して、治っていなかったら再度基本治療を行う。それを2、3度繰り返すことで8割近くの患者さんは改善します。それでも治らない場合は歯周外科処置を行います。さらにポケットが全て改善されたら補綴修復を行い、その後メインテナンスに入るという、このステップを地道に上っていかなくてはなりません。まさにその入口となる「検査結果とカウンセリング」、ここをしっかり行うことが、このステップを最後まで息切れすることなく上りきるためにとても大切になってきます。

この続きは会員登録をすると 読むことができます。

ログイン

新規会員登録はこちら