Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

<第5回>
若林歯科医院で行われる
全顎的診査「歯科ドック」とは?④

2019/5/14 臨床ライブラリ

~歯周治療は特殊な治療。医院スタッフ全員によるチームアプローチが大切です~

この方は36歳の男性です。「奥の方の虫歯を治療して欲しい」という主訴で来院されましたが、ご覧いただいて分かるように大量のプラークが付着しています。私は当時、歯科医院に勤務してちょうど1年が経過し、2年目の時に院長に言われてこの患者さんを担当しました。 そこで最初に「歯垢が付いていると虫歯になりやすいので、しっかり歯磨きしましょう」とお伝えして、いきなりチェアサイドで歯ブラシを持たせて磨いてもらいました。「45度に当てて小刻みに動かしてくださいね」などと指導すると、患者さんの方も「そうか、こうやってやればいいんですね」と素直に聞いてくれました。「上顎の奥歯は大きく口を開けてしまうと粘膜が寄ってきて歯ブラシが入らないので、口を閉じた状態で横からやるとうまく磨けますよ」と言えば「そうかそうか、そうやってやるんだね」という感じでコミュニケーションも順調でした。

この続きは会員登録をすると 読むことができます。

ログイン

新規会員登録はこちら