Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

砂糖の歩んできた道 その6

2020/1/29 デンタル〇〇デザイン

イギリスは、中国から高価な茶を輸入していたが、輸出するものがなかった。
産業革命前、イギリスの主要産業といえば毛織物を思い浮かべる。
しかし、寒い地域では重要があるが、蒸し暑いアジアでは必要ない。

当時、東洋と西洋ではどちらが豊かだったかご存じだろうか?

西洋と思われるだろうが、そうではない。
寒冷なヨーロッパの方が貧しかったのだ。(注1
当時のアジアは、豊かで衣食住に困っていなかった。
ヨーロッパから欲しいものなどなかったのである。
一方、中国からは茶の他にも、絹、コショウなども多量に輸出されていた。
そのため、イギリスは莫大な貿易赤字に陥った。(注2

さて18世紀末、イギリスは"あること"を考えた。
当時、インドはイギリスの植民地であった。
インドでケシの実を栽培し、アヘン(阿片)が採れたのだ。

それを中国に持ち込んだのである。
おかげで民衆は、麻薬中毒により身も心もボロボロになった。
それは官僚や軍隊までおよび、国は荒廃した。


今度は、アヘンで儲けた莫大なお金がイギリスに入ってきた。
おりしも産業革命で、多くの機械が発明され工業化が進んだ。
そこで中国は、アヘンの輸入を禁止した。
これがきっかけでイギリスと中国の戦争が始まった。
これがアヘン戦争である。(注3

イギリスは、最新鋭の軍艦と武器を持っていた。
そして砲艦外交で中国をねじ伏せようとした。

中国はイギリス艦隊に屈服し、多額の賠償金を支払い植民地となった。
その際、南京条約の締結により、香港はイギリスに割譲された。
1997年まで香港がイギリス領であったのはこのためだ。


注1:ヨーロッパが裕福になったのは、18世紀末の産業革命以降に工業化が進んでからである
注2:イギリスの代表的産業は毛織物であったが、温暖な中国では売れないため、極めて不均衡な貿易であった。中国は、銀本位制であり代価を銀で支払う必要があった。しかしイギリスは銀も枯渇していた。
注3:第1次アヘン戦争1840年~1842年