Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

インプラントは診断・
治療とともに
メインテナンスが大事!
~セルフケアに音波ブラシを
活用するメリット~ VOL2

2020/5/21 デンタル〇〇デザイン

―モチベーションの高い方の口腔内は皆さんキレイなのでしょうか

山崎:
実はそれはとても偏りがあって、意識は高いけど全然キレイじゃないという方もやはりいらっしゃいます。歯科衛生士さんが何度も指導したり紙に書いて渡したりもするのですが、もともと不得意な方はどうしてもうまくできない傾向がありますね。そういう方には、メインテナンスの期間を短くするとか、来院のたびにTBIを行うとか、セルフケアにソニッケアーなどの電動歯ブラシをお薦めするなど、患者さんの症状や個性に合わせて処方するようにしています。

ソニッケアー無料体感デモの紹介
―「ソニッケアー」導入の経緯についてお聞かせください 山崎: 10年くらい前ではないでしょうか。患者さんからお薦めの電動歯ブラシについてアドバイスを求められることが増えてきたので、私も自分で使ってみて磨き心地が良かったので、それから「ソニッケアー」をお薦めしてきました。その頃は形状も現行のものとは違って丸くてネジでブラシを取り付けるタイプだったと思います。 ―患者さんへの説明はどのようにされているのでしょうか 吉川: 当院ではチェアサイドに実機をディスプレイしているのですが、患者さんから「超音波ってどうなんですか?」「普通の電動と何が違うんですか?」と聞かれることもあるので、そんな時は実際に手にとって説明するようにしています。すでにソニッケアーをお使いの方には、最初のメインテナンスの時に「毛の形や磨き癖が出ているかをチェックしたいので、次のメインテナンスの時に持って来てください」とお願いして、その方の磨き癖を確認させていただいています。具体的には、染め出しして「この部分がうまく磨けていないですよ。その部分はこうすればキレイに磨けますよ」とアドバイスすることが多いでしょうか。とにかく角度だけは注意して、できるだけポケットに入れてもらうように指導しています。特にソニッケアーなど超音波ブラシの場合は、今までの手磨きや従来の電動歯ブラシのようにブラシ自身を小刻みに動かして汚れを落とす方法とは違って、部位に当てるだけで高速振動とブラシヘッドの振幅によって発生する音波水流の力で除去するものなので、そこから理解していただくようにフォローしています。「当てるだけで大丈夫ですよ」と説明してしても、患者さんによってはどうしてもブラッシング圧が強くなって、例えば右利きの方の場合、左側の毛先が開いたりしてくる傾向があるので「強く当てすぎですよ」とお伝えすることもあります。

ソニッケアーの音波水流の紹介
―インプラント治療後のメインテナンスに「ソニッケアー」はなぜ有効なのでしょう 山崎: 例えば、ボーンアンカードの場合、ボンディング処置を施した部位は物理的にブラッシングが届きにくく、患者さんにとってはメインテナンスが難しい部分になりますが、ソニッケアーなら音波水流を使って効果的に汚れを除去することが期待できます。本来はヘッドが小さくて毛先の柔らかいブラシで一ヵ所ずつ丁寧に磨くのが理想なのですが、時間もかかりますし手磨きのテクニックも必要ですから、ソニッケアーのようなテクノロジーの力にアシストしてもらえることは大きなメリットと感じています。また、インプラント治療をされる方は比較的高齢の方が多いですし、中には手が不自由な方もいらっしゃいますから、そういう方々へのセルフケアツールとしても重宝しています。 インプラントは診断・治療とともにメインテナンスが大事!~セルフケアに音波ブラシを活用するメリット~ VOL1 インプラントは診断・治療とともにメインテナンスが大事!~セルフケアに音波ブラシを活用するメリット~ VOL2 インプラントは診断・治療とともにメインテナンスが大事!~セルフケアに音波ブラシを活用するメリット~ VOL3