TOP>臨床情報>コンポジットレジン充填修復の勘所
➁窩洞形成

臨床情報

コンポジットレジン充填修復の勘所
➁窩洞形成

コンポジットレジン充填修復の勘所<br>➁窩洞形成
コンポジットレジン充填修復の勘所
➁窩洞形成

➁窩洞形成

健全残存歯質の可及的温存
(遊離エナメルになろうと健全歯質の保存に努める)

窩洞辺縁エナメル質の調整
(ffのダイアモンドポイントにて滑らかな面を形成し接着時に起こりやすいエナメル小柱の破壊からなるホワイトマージンの発生に備える)

前歯においてはベベルを付与
(天然歯質とコンポジットレジンの視覚的同調を得やすい)

■窩洞形成 前歯部のケース


【➂接着・充填】へ続く

著者脇 宗弘

脇歯科医院 院長

略歴
1990年
大阪歯科大学 卒業
1990~91年
医療法人社団 愛歯会 勤務
1991~92年
生野区 井上歯科 勤務
1992年
脇歯科医院 開業
スタディーグループ
  • SJCD会員
  • モリタ 実践歯科プラクティスコースインストラクター
  • 阿倍野区歯科医師会理事
  • 大阪市立清明丘小学校 校医
医院コンセプト
  • ・「患者様の歯を長く健康に保つこと」がコンセプト。
  • ・天然歯をできるだけ残すことに注力し、「なるべく削らない」治療を徹底。
  • ・金属アレルギーや再発防止のためにメタルフリーの治療にもこだわっている。
脇 宗弘

tags

関連記事