Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

【前編】歯科×ヨガとは?
インストラクターの歯科医師に密着取材

2021/10/5 デンタル〇〇デザイン

『歯科×ヨガ』はあまり聞かない組み合わせですが、歯科医院併設の施設で歯ヨガを指導されている方もいます。

ヨガをすることで美に対する意識が高まり、食事や運動、外見美を追求したくなります。

今回は、趣味として始められたヨガの魅力にはまり、歯科医師として働きながらインストラクターの資格を取得された若手女性歯科医師のY先生に密着取材しました。

まず、前編では、インストラクターになったきっかけや資格取得までの経緯、取得後の変化について、インタビューします。

ヨガインストラクターになったきっかけ

インタビュアー
本日は御多忙の中、インタビューをお受けいただき誠にありがとうございます。
ヨガインストラクターになるまでに、さまざまな経験をされたかと思います。
まずは、ヨガを始められたきっかけを教えていただけますでしょうか?

Y先生
もともと、ヨガは大学生の頃から趣味として続けていました。
最初は「足を細くしたい」という思いから始めたヨガでしたが、始めてみると楽しくなっていて、歯科医師になっても定期的にヨガに通っていました。

インタビュアー
ヨガは適度な運動ができるだけでなく、呼吸をしっかりすることで、精神にも効果があるとされ、始めてみると何年も通っている方をもいるそうですね。
働きながら、趣味としてヨガを続けされている方は多いと思いますが、先生のように歯科医師として働きながらインストラクターになるまで極められる方は少ないと思います。
どういった経緯でインストラクターになられたのでしょうか?

Y先生
歯科医院で働いていると人間関係にストレスを抱え、人生にも疲れ果てていた時があって...
その時に趣味として通っていたヨガを通して自分と向き合う時間を取れたことで精神的に救われたところがありました。ヨガの精神世界(ヨガ哲学)に魅了された瞬間だと思います。
それから、ヨガの趣味を超越して、今までのヨガで学んできたことを一つの形にしたいと思い、ヨガインストラクターの資格を取得しました。

資格取得までの過程

インタビュアー
インストラクターになろうと思うと、レッスンや自主練習など大変だと思います。
本業の歯科医師業で働きながら、どのように資格を取得されたのですか?

Y先生
資格を取ることを目標にするとしんどくなってしまうので、あくまでもヨガは趣味の範囲内だと思うようにしていました。そのため、歯科医院の終業後や休みの日など空き時間に、月4回でホットヨガのクラスに通っていました。

インタビュアー
資格取得するまで練習など本当に大変だと思いますが、時間を見つけて励まれていたのですね。
ヨガインストラクターになるまで、週何時間くらいヨガに費やしていましたか?
よろしければ、かけた総額も教えていただけますでしょうか。

Y先生
資格は10日間沖縄合宿に参加して取得しましたが、資格を取るまでに学ぶことも多いので、定期的にレッスンに通うようにしていました。
ヨガのレッスンに費やした時間は週8時間くらいです。
月4回スタジオに通って、2時間ほどレッスンを受けていましたね。
レッスンだけでなく自主練も必要なので、毎日コツコツと15分ほど、体力がある日は1時間ほど自主練をするときもありました。
かけた総額は30万ほどです...
毎月のホットヨガの月謝と、資格取得のための沖縄合宿に20万ほどかけました。
結構かかりましたが、将来の自分への投資ですね。

インストラクターとなってからの変化

インタビュアー
ヨガインストラクターになって、自分自身の中で変わったことは何かございますでしょうか?

Y先生
健康への意識が高まりました。それと、スタイル維持についても気をつけるようになりました。ヨガは精神の安定にも効果がありますが、外見美についても意識が向くようになって、定期的な運動や食事にも気をつけるようになりました。

インタビュアー
美に対して意識が高まることは凄く良いことですね。
ヨガインストラクターになって周りの人からの反応はどうでしたか?

Y先生
周りの友人や歯科医院のスタッフも女性の方が多いので、凄く興味津々に話を聞いてくださるようになりました。「ヨガを教えて欲しい!」と声をかけられるようになりましたね。

インタビュアー
先生がインストラクターになられたことをきっかけに、周りの皆さんもヨガに対して興味が湧いたということですね。
「ヨガを教えて欲しい!」以外に周りの方から言われたことで、印象的なことはありますでしょうか?どういった言葉をかけてもらったかをお聞かせください。
Y先生
「歯科医師とヨガの組み合わせは面白いね」
「将来のキャリアパスにつなげるの?」と歯科医師の方や歯科医院のスタッフに言われたことが印象的でした。
『歯科×ヨガ』の組み合わせは珍しいと思うので、将来的にどういう掛け算になっていくのか周りの方も期待してくださっているのだと思います。

まとめ

前編ではヨガインストラクターを目指されたきっかけから、資格取得後の変化についてインタビューしましたが、ヨガの哲学に魅了されて、趣味でしていたヨガを極めるまで追求された先生に、意思の強さを感じました。 先生がヨガインストラクターになられたことをきっかけに周りの方もヨガに興味が湧いていると伺い、周りを巻き込んで健康美を追求し続ける先生に惹かれるところがありました。 それでは引き続き、『【後編】歯科×ヨガとは?インストラクターの歯科医師に密着取材』では、『歯科とヨガの関係性』についてのお考えを詳しく聞きたいと思います。