Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

クリニカルコーディネーターの
心得と意義<第1回>
「営業」ではなく
「しあわせのセールス」である

2019/8/19 デンタル〇〇デザイン

クリニカルコーディネーターとして働く礒田佳世さんに、クリニカルコーディネーターの心得と意義について語っていただく全4回のインタビュー記事。
<第1回>は、礒田さんがクリニカルコーディネーターの仕事の本質について初めて考えさせられたときのお話です。

※クリニカルコーディネーターの仕事の概要・役割についてはこちらの記事をご覧ください。
https://d.dental-plaza.com/archives/2914/

■患者さんからのショッキングな一言

クリニカルコーディネーターになって1年目のことです。患者さんに自由診療の補綴物やインプラントのお話をすると、「営業してるんか」と言われたことがありました。実は私自身、「営業」されるのが苦手なタイプ。「営業していると感じられたくない」と思いながらお話をしていたものですから、患者さんに「営業か」と言われたときには大変なショックを受けました。

■礒田さんが見つけた解決方法

その後、さまざまなセミナーに通ったり院長と話したりする中で、私は解決方法を見出します。クリニカルコーディネーターは医院の売上をアップさせるために「営業」をしているのではなく、患者さんのために「情報提供」をしているのだということを再認識したのです。患者さんの症状や、保険内で適用できるもの、自由診療で適用できるものなどをしっかりとご説明し、正しい情報を知っていただくことで、患者さんのしあわせをサポートする。クリニカルコーディネーターは「しあわせのセールス」だと考えるようになりました。
この考えにたどり着けた最大の理由は、院長の「大切にするのは売上ではなく、患者さんのしあわせだ」という方針を知ることができたからだと思います。

■クリニカルコーディネーターとしての仕事の魅力

あるとき、笑うと見える位置に銀歯が入っている患者さんが来院し、「気になるけど……仕方がないですよね」とおっしゃっていました。もちろん今は白い補綴物もありますが、患者さんはそのことをご存じなかったのです。正しい情報を知らなかったがために、その患者さんが笑顔に自信を持てなかったとしたら、もったいないことだと思いました。
またあるときには、「検査なんかいらん!」と横柄な態度の患者さんもいました。しかし患者さんの歯のことを思って丁寧にご説明していくうちに、だんだんと前のめりになり、最終的には「検査を受けて良かった」と言っていただくことができました。
このように、正しい情報を提供することで、患者さんがさらにしあわせになる瞬間に立ち会えるということも、クリニカルコーディネーターとしての仕事の魅力だと思います。

クリニカルコーディネーターの心得と意義<第1回>
「営業」ではなく「しあわせのセールス」である

クリニカルコーディネーターの心得と意義<第2回>
カウンセリング、クレーム対応時に気をつけること


いちき歯科
http://www.ichikishika.com/

礒田さんのホームページ「Happy Kayoのふんわり思好」
http://happykayo.com/ 研修のご依頼はこちらからお願いします。