Dental Life Design

あなたのデンタルライフを彩るメディア

脱水と経口補水液 その5

2019/10/17 デンタル〇〇デザイン

この度、台風19号に被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
また一刻も早い、復興をお祈り申し上げます。
さて災害と言えば、昨年7月の倉敷市真備町の豪雨による川の氾濫は記憶に新しい。
筆者も2週間後、近くを通りかかったが、乾燥した砂埃が漂い上空が黄色くなっていた。
町では、復興のため全国からボランティアが集まってきていた。

(図1)

さて、筆者の友人も東京から来ていた。
彼の話では、「朝10時に作業を始めたが、30分もすれば行政の方から休憩するようにと言われた。少し休憩し再開すると、また30分後に休憩するように言われる。結局、午後2時過ぎには終了するように伝えられた。」という。

その日はとても暑く、脱水や熱中症による二次被害を心配してのことだろう。
被災地に届けられる救援物質は、基本的に被災住民に対してのものである。
むやみに口にすることは慎まねばならない。
そのためボランティアは、対策を講じておく必要がある。
これまで述べたように、中程度の脱水になるとスポーツドリンクは効果がない。
効果があるのは、経口補水液(OS1など)である。
このペットボトルを、30分くらいかけてゆっくり飲む。


(図2)

さて経口補水液は、簡単に作ることができる。
まず次のものを用意する。
1:ペットボトル1本の水(500ml)
2:塩1.5g(500円玉、もしくは枝豆1-2個分程度の塩)
3:ブドウ糖10g(5gスティック2本)
これを混ぜれば出来上がり。

(図3)
必要に応じて、柑橘系のしぼり汁を加えれば良い。
これは、厳密に計量して作る必要はない。
また、ペットボトル1本に対し、中位の梅干1個(7g)でもOKだ

さらに朝食には、ご飯に味噌汁を食べれば、あらかじめナトリウムを補給できる。

(図4)
一般的に和食は、パンとコーヒーなどの洋食よりミネラルが多い。
これらは、災害時に応用することができるだろう。

さらに・・・・である。
筆者は、経口補水液のパウダーをお勧めしたい。
あらかじめ、塩1.5gとブドウ糖10g入りの小袋を用意する。
脱水が疑われたら、これにペットボトルの水にこれを加えて飲めばよい。
被災地へ応援に来られるボランティアには、これを配布すればどうだろうか。

前回の記事
脱水と経口補水液 その1
脱水と経口補水液 その2
脱水と経口補水液 その3
脱水と経口補水液 その4
脱水と経口補水液 その5